FC2ブログ

コルマール

4日目。ストラスブールから少し南下し、コルマールへと向かいます。
1-gare.jpg
のどかというより、霜が降りて凍てつきそうな風景ですけどねー。

コルマールも、この地方独特の木組みの家と、クリスマスで有名な街。
2-colmar1.jpg
全体的に、素朴な感じの飾りつけが多かったかな。
5-noel.jpg
小さな町なので、ストラスブールから日帰りも十分できます。
4-colmar2.jpg
ストラスブールと同じように川が流れていて、その周辺にカラフルな
木組みの家が並んでいます。
3-petitvenise.jpg
「プチット・ヴニーズ」(小ベニス)と呼ばれているんですって。

この一風変わった家は「メゾン・ド・ラ・テット」(頭の家)。
頭のモチーフがごちゃごちゃくっついていて、ちょっと不気味~。
6-maisondelatete.jpg
なんと、“自由の女神” を制作した人の家なんですって。
郊外から街への入り口に、ミニ版自由の女神像が建ってるのよ。
(写真は撮り忘れました)

ここは、有名なオーベルジュ(レストラン付きホテル)、ル・マレシャルです。
7-chanbar.jpg
半年前に予約しようとしたら、すでにいっぱいでしたのよ(涙)。

これは何だと思います?
8-maron.jpg
フランス名物、焼き栗屋さんの機関車型屋台もクリスマス仕様です。

さてさて、お待ちかねのマルシェ・ド・ノエルへ。
9-marche.jpg
やはり全体的に素朴な感じ?地域性が出るのね。

ストラスブールと違って、食べ物の屋台が結構多かったです。
10-manger.jpg
ストラスブールの屋台は、完璧にクリスマス物だけを売ってたけど
コルマールの屋台は、普通のいわゆる “マルシェ” (青空市場)も
ちょっと交ってる感じでした。

ところで、アルザス地方の名物といったら「フォアグラ」。
11-foigras.jpg
とりゅふパパの大好物です。ちょっと甘めの白ワインによく合うのよねー。

クリスマスには欠かせない “クレーシュ” (キリスト生誕物語のミニチュア)が、
街のあちらこちらに飾られています。
12-creshe.jpg
生きたヤギさんが必ずセットになっていて、子どもたちは大喜び。
「触ってはいけません」の看板は出てるんだけどねー。

とりゅふパパったら、何故かヤギさんの写真をたくさん撮ってましたけど。
13-yagi.jpg
誰かに似てる?


言っておきますけど、ぼくには全然似てませんからね。 by トリュフ
14-truffe.jpg

にほんブログ村 犬ブログ シベリアンハスキーへ

0 Comments

まだコメントはありません

Leave a comment