FC2ブログ

鷲の巣村を訪ねたフランス3日目

3日目は、鷲の巣村を訪ねることにしました。
岩山を覆うように築かれた様子が“鷲の巣”みたいなので
そう呼ばれているの。南仏には数多くあるんですよ。
敵の侵略から守るため城壁で囲まれ、街中は細い路地がウネウネ。
迷路みたいになってるので、敵もそう易々と侵入できないというわけ。
ニースとモナコの間にあるエズという村が有名だけど、そこは前回
(10年前)行ってるので、今回は別の村へ。

ニースからバスに乗って約1時間。見えてきました。
01-vence.jpg
バス、こんなに乗っても一人1ユーロ(約135円)でした。
安いでしょ。

着きました。これはヴァンスという村です。
02-vence.jpg

いかにも“中世”って感じでしょ。
03-vence.jpg

村はずれにあるこの建物は、マチスの手がけたロザリオ礼拝堂。
04-matisse2.jpg

屋根は綺麗なマリンブルー&ホワイト。海と空のイメージかな?
05-matisse1.jpg
3年も掛けて装飾したんですって。

入り口にもマチスの絵が。(修道士と聖母子の図)
06-matisse3.jpg

村に戻ると、入口に大きな噴水が。
07-vence.jpg
プロヴァンス様式だそうです。

この村、15世紀に造られたんですって。
08-vence.jpg

見晴らし台からの眺め。
09-vence.jpg

とっても小さな村の中をぐるぐる歩き回っていたら何だか暗くなり
10-vence.jpg

急な雷雨が。 あっという間に広場は無人に。
11-vence.jpg

私たちも、お土産屋さんでしばし雨宿り。
12-vence.jpg

小降りになったので、また街中へ。これは村役場です。
13-mairie.jpg

そのお隣にある小さな教会。
14-eglise.jpg

入り口には、でっかい聖書が横たわってました(笑)
15-bible.jpg

地味な教会だけど、実は
ここの洗礼堂にはシャガールのモザイクがあるの。
16-chagall.jpg
南仏って芸術家たちにとても愛された地方だから、
そこいら中にゲージツ作品がゴロゴロしてるのよね。

バス停に戻ると、ここにもゲージツ作品が。
17-pigeon1.jpg

どでかいハトさんでございました。

18-pigeon2.jpg


*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆*:..。o○☆゚・:,。*


バスで少しだけ南下し、この日2つ目の鷲の巣村へ。

サン・ポール・ド・ヴァンスです。
19-stpauldevenceentree.jpg

村の入り口。ヴァンスより観光客が多いですね。
20-stpauldevence.jpg

13世紀に造られたという城壁には大砲が
21-stpauldevence.jpg

ヴァンスと同じような噴水もありました。
22-stpauldevence.jpg

これは水道。高台だから、お水は貴重よね。
23-stpauldevence.jpg

村はずれにある公園。正面の壁を這っているのはなんと朝顔。
藤棚までありました。
それと、不思議なゲージツ作品も。(画面左下)
24-parc.jpg

この村にはマーグ財団の美術館があり、現代美術の収集で
知られているのです。
25-parc.jpg

でも、これって何よ???
26-sculpture.jpg

16~17世紀の古い家が立ち並ぶ街中は、細い路地だらけ。
27-stpauldevence.jpg

びっしりとアクセサリーやさんやアートギャラリーが軒を連ねています。
28-ruelle.jpg

これは歩道の舗石。太陽がモザイクになっててオシャレ。
29-pierre.jpg
でも雨上がりには滑って歩きにくかったわ~。


この墓地に、シャガールが眠っているそうですよ。
30-cimetiere.jpg


村から眺めると、近隣の家々はみんなプール付き!
31-villa.jpg
庭も広大だし、いいなー。宝くじ当たらないかなー…



*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆*:..。o○☆゚・:,。*


いやいや、今日も写真が多くてすみませんね。
32-pot.jpg
これでも、だいぶ数を絞ったつもりなんだけど

33-truffe.jpg
そうだね。ごめんね。でももうちょっと旅行記に付き合ってね~


2 Comments

まだコメントはありません

晴太の母  

NoTitle

すごいですね。中世の建物が今も使われて
ちゃんとメンテもされてるんですね。
おとぎの国にいったみたいな。。。
不思議な感じですね。
マネやシャガールの作品が街の中にあるって
素敵です。芸術作品に囲まれて育つのっていいなあ。。。

2009/09/27 (Sun) 01:39 | EDIT | REPLY |   

とりゅふママ  

☆晴太の母さま☆

湿気が少ないし石造りだから持つんでしょうけど、それにしても
すごいですよね。外観は変えずに中だけ住みやすく改装して
どの家もちゃんと人が住んでるんですもの。

南仏は景色や気候に魅かれて芸術家がたくさん住んでたから
ゲージツには縁が深いところが多いんですよ。
確かにどこを見ても絵になる景色ですものね。
現代美術も結構あるから、ポトフにぴったりかも~(笑)

2009/09/28 (Mon) 08:03 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment